護符とは

護符に書かれた「急急如律令」の意味は?何故「きゅうきゅうにょりつりょう」と唱えた?

護符やお守りをおつくりいたします

護符やお守りをおつくりいたします。
安心のYahoo!やAmazon公式のページからご注文ください。下のバナー画像からどうぞ。

 

手書きの護符は、下のバナー画像からどうぞ。

【開運】商品の決定版:手書き護符

 

急急如律令の意味は?

急急如律令とは、日本では古くから、悪鬼を退散させる呪文とされ、道教や陰陽道だけではなく密教、修験道でも用いられてきました。特に護符に書かれることが多く、悪鬼退散の効果だけではなく、「願いを叶えるために動いてください」の意味でも用いられように変わってきました。

元々は、中国漢王朝の公式文書の末尾に用いられた決まり文句であり、「至急、律令(法律)の如くせよ」の意味で用いられました。それが「御上の命令を守らなければ罰するよ」という意味になり、後に道教で悪鬼をはらうための呪文となり、日本に伝わったといわれています。さらに、武芸伝授書の文末にも書かれるようになり、「教えに違(たが)うなかれ」の意味で使われました。

急々如律令

 

急急如律令と書かれた木簡

伊場遺跡

日本では静岡県指定史跡である伊場遺跡の大溝南縁から出土した木簡に「急急如律令」とかかれており、日本最古級の奈良時代の呪符木簡だといわれています。
現在は県指定文化財となり、浜松市博物館に収蔵されています。

 

条里遺跡

茨城県鹿嶋市の鉢形地区や爪木地区の条里遺跡(田んぼの跡)からも「急々如律令」と書かれた木簡が見つかっています。一緒に見つかった他の木簡には「蘇民将来子孫也」と書かれていました。「蘇民将来子孫也」という言葉には、「私は蘇民将来の子孫なので、厄病から免れますように」という願いが込められています。京都の八坂神社の茅の輪くぐりは「蘇民将来子孫也」ととなえながらくぐります。

蘇民将来子孫也

 

急々如律令の参考文献

大漢和辞典(大修館書店)」には、『 はやく律令の如くせよといふこと。もと、漢代の公文書の用語であるが、後に巫者の語となり、速に退散せよの義に用ひられる』とあります。

「資暇録」では、『符呪のたぐいの末句であり、「急急たること律令のごと し」ということである。「令」の字は平声、読んで「零」となす。これは雷のそばにいる鬼で、 よく走り、雷とともにすみやかに疾走するところから出た』とあります。

中世日本で出された百科事典の「拾芥抄」の諸頌部には、「休息万命 急急如律令」とあります。これは、昔、くしゃみをすると鼻から魂が抜け、数を重ねるほど寿命が縮むと信じられ、そうした凶事を防ごうと、この呪文(急急如律令)を唱えました。 「拾芥抄」は鎌倉中期に原型ができて、その後増補されていきました。歳時・経史・風俗・年中行事などが記されており、中世における公家の信仰・習俗・教養,諸制度などを知る基本的史料です。

拾芥抄

-護符とは