護符にまつわる修験道や密教について少し…

護符について調べると必ずでてくる修験道と密教について、各文献をまとめています。

 

修験道とは

役小角 えんのおづぬ

修験道は、山を聖域と見、その聖域の奥深くまで分け入って修行することによって、神秘的な力を得、その力によって自他の救済を目指そうとする山岳信仰の宗教です。このようなことから、修験を「山伏(やまぶし)」と言うこともあります。修験との名称は、その字の如く、「修行して験力を顕す道」であるということから名づけられたものです。
修験道は、自然の中でも特に「山」を神聖視してきた日本人古来の山岳信仰に、インドの宗教である仏教や、中国の宗教である道教や儒教など、外来の宗教が結びつき、さらにそこに神道や陰陽道、民間信仰などまでが取り入れられ、次第に形成されてきました。
修験道の教義や世界観、修行方法は、ほとんどの場合仏教、とりわけ密教のものが取り入れられており、そのため仏教や密教についての知識がなければ、まず修験道を理解することは出来ません。しかし、では「修験道=仏教」かというと、そうとは言えません。【役行者霊蹟札所会

修験道とは、我が日本民族独自の精神文化に体系づけた日本国独特の宗教であり、顕密両経の妙味を自在に消化し、自ら独自の教えを形成し、その心を産み出した教えであります。 修験道の行者を山伏といい、彼らは大自然の中に仏を見出し、自然との対話の中で、声なき声に法身説法の音声を聞き、上求菩薩、下化衆生の精神をもって、山林とそう修行を行じているのであります。【高野山】

山林に修行し,密教的な儀礼を行い,霊験を感得しようとする宗教。開祖は役小角(えんのおづの)とされる。山岳信仰に神道・密教・陰陽道(おんようどう)などの諸要素が混成したもの。中世には聖宝を中興と仰ぎ,醍醐寺三宝院を本拠とする真言系の当山派と,増誉を中興と仰ぎ,聖護院を本山とする天台系の本山派が興った。修験宗。(A)

日本の山岳信仰,特定の山岳での修行により超自然的能力を習得し呪術などの宗教活動を行う山伏の宗教。役小角を開祖とする。山岳信仰と密教の呪験練行とが習合したものである。行者は,山伏,修験者,客僧と称される。(D)

日本古来の山岳信仰と、仏教の密教、道教などが結びついて平安末期に成立した宗教。役(えん)の行者(ぎょうじゃ)を初祖とする。霊験を得るための山中の修行と加持・祈祷(きとう)・呪術儀礼を主とする。室町期には、真言系の三宝院流(当山派)と天台系の聖護院流(本山派)の二派に分かれた。(B)

修験道は,日本古来の山岳信仰が外来の密教,道教,儒教などの影響のもとに,平安時代末に至って一つの宗教体系を作りあげたものである。このように修験道は特定教祖の教説にもとづく創唱宗教とは違って,山岳修行による超自然力の獲得と,その力を用いて呪術宗教的な活動を行うことを旨とする,実践的な儀礼中心の宗教である。
日本では古来山岳は神霊のいる他界としてあがめられてきた。しかし奈良時代になると外来の仏教や道教の影響をうけた宗教者たちが山岳で修行したうえで,陀羅尼(だらに)や経文を唱えて呪術宗教的な活動に従事するようになっていった。(E)

日本古来の山岳信仰と密教の呪(じゅ)法・修行法が習合して成立した実践的宗教。その行者を修験者または山伏という。始祖は奈良時代の役行者とされる。平安中期には密教系の行者の中から,山々の回峰修行により霊力を強めようとする験者(げんざ)が台頭し,天台系(本山派)は聖護院を中心に,真言系(当山派)は醍醐寺三宝院を中心に活動するようになった。(G)

 

 

密教とは

高野山 奥の院

真言密教の「真言」とは、仏の真実の「ことば」を意味していますが、この「ことば」は、人間の言語活動では表現できない、この世界やさまざまな事象の深い意味、すなわち隠された秘密の意味を明らかにしています。弘法大師は、この隠された深い意味こそ真実の意味であり、それを知ることのできる教えこそが「密教」であると述べています。
密教と顕教の違いは、いくつか指摘できますが、もっとも根本的な違いは、この隠された秘密の意味を知る修行のあり方(修法・しゅほう)にあります。【高野山真言宗】

生成流転する宇宙の真理の象徴である如来の働きは、人や獣をはじめとし、山川草木一切が生命を燃やし、滅して行くその姿に現れます・・・
牧野に遊ぶ馬や牛、空を飛ぶ小鳥たちの躰・鳴き声と意識の働き一切の中に如来の働きはあるのです。この世の有情・非情なる一切衆生の身・口・意の働きの中に、永遠の生命として大日尊は存在します。【真言密教ホームページ

仏教の流れの一つで,顕教,すなわち広く民衆に向かって開かれ,その世界観を明瞭な言葉で説く通常の仏教に対し,自己を非公開的な教団の内に閉鎖し,秘密の教義と儀礼を師資相承によって伝持しようとする秘密仏教をいい,象徴主義的儀礼ないし観修法によって宗教理想を達成しようとする点に特徴をもつ。その起源はあるいは仏教以前のベーダの宗教,ことにブラーフマナの祭式神秘主義に求められ,さらにその根底には世界の女性原理的実在性ないしその多様な発現に対する根源的信頼が看取される。(E)

大日如来が自らの悟りのなかで,自らの悟りを楽しみながら説く,奥深い絶対の真理の教え。「大日経」「金剛頂経」などがその代表的経典。仏教の中で特に祈禱を重視し,そのための呪文や儀式を整備している。日本には空海が伝えた真言宗系の東密と,最澄が伝えた天台宗系の台密がある(A)

秘密教の略称。タントラ教と関係の深い真言乗 Mantra-yāna,金剛乗 Vajrayānaの教説で,7世紀頃からインドのベンガル地方で盛んになった仏教をいう。今日では一般に,ヒンドゥー教におけるタントラ教と区別して,中国で発展した天台宗や真言宗の,法身大日如来の身,口,意の3密を説く教理を密教といい,それらは純正なものであるとして純密などともいう。(D)

大日如来を本尊とする深遠秘密の教え。加持(かじ)・祈祷(きとう)を重んじる。7、8世紀ごろインドで起こり、唐代に中国に伝わり、日本には平安初期に空海・最澄によって伝えられ、貴族などに広く信仰された。空海の真言宗系を東密、最澄の天台宗系を台密とよぶ(B)

出典 A(大辞林) B(大辞泉) C(広辞苑) D(ブリタニカ国際大百科事典) E(世界大百科事典) F(日本大百科全書) W(Wikipedia)