陰陽道 伝説の陰陽師 安倍晴明とライバルといわれた蘆屋道満

安倍晴明(あべのせいめい)と蘆屋道満(あしやどうまん)、陰陽道 陰陽師を語る上で欠かすことのできない二人です。しかし、天社土御門家本庁では、安倍晴明は「晴明紋(晴明桔梗)を通して名前が出てくるくらいの存在で特別ではない」とインタビューに答えております。また、蘆屋道満は実在したとする文献や実証がなく架空の人物だといわれいます。それなのに何故、この二人は人口に膾炙されるのか…文献の中をまとめます。

護符をお作りいたします。
Yahoo! JAPAN、Amazon認可のサイトからご用命下さい。
shop_logo

 

 

 陰陽道とは

陰陽道とは

古代,中国の陰陽五行説に基づいて,災異・吉凶を説明しようとする方術。天文・暦数・卜筮(ぼくぜい)などを扱った。日本には六世紀頃伝えられ重要視されたが,特に平安時代以降は神秘的な面が強調されて俗信化し,避禍招福の方術となった。平安中期以降,賀茂・安倍の両氏がつかさどった。おんみょうどう。いんようどう。(A)

中国古代の陰陽説、五行説のうえにたつ信仰的思想。宇宙万物は、陰(マイナス)と陽(プラス)との組合せによって生成するものであり、その変転は木(もく)、火(か)、土(ど)、金(ごん)、水(すい)の五原素に基づいて推進されるという、一種の自然哲学ないし自然科学であり、東洋的な人生観、世界観に大きな影響を与えた。これが中国大陸から朝鮮半島を経て日本に伝えられた。
陰陽道の思想的基盤となったものは、陰陽五行説であるが、この抽象的な思想は、易(えき)の思想と結び付くことによって具体的な占術となり、日本古来の卜(ぼく)法とともに並び行われていた。そして純粋な学問というよりは、むしろ現実的な生活の指針として重んじられるようになった。(E)

古代中国の陰陽五行説に基づいて、天文・暦数・卜筮・相地などをあつかう術。大宝令に規定があり、陰陽寮ががおかれたが、次第に俗信化。(C)

日月星辰の運行や方位をみ,特殊な占法を用いて国家・社会や個人の吉凶禍福を判じ,あらゆる思考や行動上にその指針を得ようとする諸技術をさし,これに関連する思想・理論も含まれる。中国古代,夏・殷(商)王朝のころに発達し,周王朝の時代に完成した。いわゆる易と称するもので,その代表的な典籍が《周易》である。その思想・理論の中心となるのは陰陽五行説で,日月と木火土金水を万物生成の主要素とし,これに十干十二支の説が結びつき,それらの複雑な組合せから歳月日時方位に占星的価値がつけられ,天文・暦法が加わってここに原始的科学知識が成立した。(D)

陰陽道(おんみょうどう)は、陰陽寮で教えられていた天文道、暦道といったものの一つ。これら道の呼称は大学寮における儒学を教える明経道、律令を教える明法道等と同じで国家機関の各部署での技術一般を指す用語であり、思想ないし宗教体系を指す用語ではない。「おんようどう」「いんようどう」とも。古代の中国で生まれた自然哲学思想、陰陽五行説を起源として日本で独自の発展を遂げた呪術や占術の技術体系である。(W)

 

陰陽師とは

陰陽寮

律令制で,陰陽寮に属して陰陽道にかかわった職員。中・近世には民間で加持祈祷をする者を称した。おんみょうじ。(A)

陰陽寮に属し、占筮 (せんぜい) ・地相判定などをつかさどった人。おんみょうじ。(B)

令制で,陰陽寮に属し、卜筮・相地などの事をつかさどった職員。後世は民間にあって加持祈祷をなす。(C)

陰陽道に基づいて卜筮 (ぼくぜい) ,天文,暦数を司り,疾病治療などの知識ももった者。大宝令では,陰陽寮に6人,大宰府に1人がおかれたが,のち鎮守府や武蔵,下総などにも陰陽師がおかれている。(D)

陰陽道に基づき,卜筮(ぼくぜい),天文,暦数をつかさどり,吉凶災福を察知し,その対処のための呪術作法を行い,疾病治療などに技術的知識をもったもの。(G)

陰陽師 魑魅魍魎

陰陽師は、古代日本の律令制下において中務省の陰陽寮に属した官職の1つで、陰陽五行思想に基づいた陰陽道によって占筮(せんぜい)及び地相などを職掌とする方技(技術系の官人。技官)として配置された者を指すが、それら官人が後には本来の律令規定を超えて占術や呪術、祭祀を司るようになったために陰陽寮に属する者全てを指すようになり、更には中世以降の民間において個人的に占術等を行う非官人の者をも指すようになり、声聞師と重ねられることもあって「声聞師」と呼ばれる場合もあった。中・近世においては民間で私的祈祷や占術を行う者を称し[1]、中には神職の一種のように見られる者も存在する。(W)

「おんようじ」ともいう。大宝令(たいほうりょう)の制で陰陽寮や大宰府(だざいふ)に置かれた方術専門の官人。占筮(せんぜい)や地を相して吉凶を知ることをつかさどったが、平安時代になり陰陽寮のつかさどった天文、暦数、風雲の気色をうかがう方術を陰陽道とよぶようになると、陰陽師もそれらの方術を使う者すべての名称となった。平安中期に賀茂忠行(かものただゆき)が出てこれを世業化して賀茂家というが、子の保憲(やすのり)系統は暦道を中心とし室町中期から勘解由小路(かげゆこうじ)家、ついで幸徳井(こうとくい)家とも称した。忠行・保憲の高弟の安倍晴明(あべのせいめい)の流れは天文道を主とし、室町中期以後は土御門(つちみかど)家という。これを求めたものは古代の貴族層のみならず、中世以後は武家、近世になると庶民にまで広がった。[下出積與](F)

 

安倍晴明とは

安倍晴明とは

晴明神社(京都)

京都 晴明神社

安倍晴明公(920-1005)は、孝元帝(こうげんてい)の皇子・大彦命(おおびこのみこと)の御後胤で、幼い頃から非常に多くの道に秀でておられました。特に、天文暦学の道を深く極められ、神道を思いのままに操る霊術をも身に付けられておりました。成人されてからは、天文陰陽博士としてご活躍。天体を移り行く星や雲の動きを観察し、宮殿の異変や遠方での吉凶を言い当てられ、朝廷を始め多くの人々の信望を寄せられたと伝えられています。晴明公は、朱雀帝から村上、冷泉、円融、花山、一条の6代の天皇の側近として仕えられ、数々の功績をたてられます。村上帝に仕えておられた際には、唐へ渡り、はるか城刑山にて伯道仙人の神伝を受け継がれ、帰国後、これを元に日本独特の陰陽道を確立されました。今日、私たちの日常生活の基準となる年中行事や暦術、占法は皆、この時に創られたものです。
そして、一条帝に仕えておられた寛弘2(1005)年9月 26日、85歳でお亡くなりになりますが、晴明御霊神として祀られた後も、我が国の陰陽道の祖として広く世の中の尊敬を集めます。「晴明公にお祈りすれば、不思議な霊の利益を受けることができ、さまざまな災いから身を守り、病気や怪我が治る……」。そうした評判が、今も多くの人々に語り継がれています。

安倍晴明神社(大阪)】

安倍晴明神社

安倍晴明公は古代豪族安倍氏の出で、伝説では平安時代の 天慶7年(西暦944年)3月辰の刻に阿倍野に誕生せられ、又一説では延喜21年(西暦921年)ともいわれている。 幼名は「安倍童子」、資性英明で学問を好み、京都に上がり陰陽家賀茂忠行とその子息保憲に師事し、陰陽推算の陰陽道を修め、天文博士、陰陽頭(オンミョウカミ)、播磨守等を歴任して、従四位上に叙せられました。

立石熊野神社

立石熊野神社

長保年間(999)阿倍仲麻呂の曽孫・陰陽博士安倍晴明が紀州那智熊野において、華山上皇に従い山ごもりを終え、熊野の大神勧請の旅中、たまたま中川の清流のこの地を清浄なる聖地として選びました。陰陽道の五行説の五行にかたどり、境内を三十間五角とし、五方山熊野神社と名付け、紀州熊野三社権限を鎮祀し、神代の石剣を御神体としました。

921-1005 平安時代中期の陰陽師。
延喜(えんぎ)21年生まれ。讃岐(香川県)の人という。天文道を賀茂忠行(かもの-ただゆき)・保憲(やすのり)父子にまなび,天文博士,主計権助(かずえのごんのすけ),大膳大夫(だいぜんだいぶ),左京権大夫を歴任。占いの名声はたかく,「今昔物語集」「大鏡」「宇治拾遺物語」などにその説話がのこっている。土御門(つちみかど)家の祖。寛弘(かんこう)2年9月26日死去。85歳。著作に「占事略決」「馬上占」など。【日本人名大辞典】

平安時代中期の陰陽家。安倍益材の子。賀茂忠行,保憲父子から陰陽道を学び,保憲から天文道の奥義を授かった。大膳大夫,左京権大夫,天文博士などを歴任。その家が土御門の北,西洞院の東にあったため,その子孫は土御門家と呼ばれ,長く陰陽家として栄えた。(D)

平安中期の陰陽家。識神(しきしん)を用いてよく異変を予知したといわれ,伝説が多い。土御門(つちみかど)家の祖。著「金烏玉兎集」など。(A)

平安中期の陰陽家。天文博士。天文を見てあらゆることを予知し,識神(陰陽師が術を用いて駆使する神)を駆使したと《今昔物語集》などで伝える。(G)

 

蘆屋道満とは

蘆屋道満

平安時代中期の伝説上の陰陽師。藤原道長に呪いをかけて安倍晴明みやぶられ追放されたといい,また晴明と術くらべをして敗れ弟子となり,のちそむいたともされる。この話は「古事談」「宇治拾遺物語」「十訓(じっきん)抄」などにみえ,浄瑠璃,歌舞伎などに脚色された。名は道摩とも。【日本人名大辞典】

人形浄瑠璃。時代物。竹田出雲作。1734年初演。通称「葛の葉」。和泉国信太(しのだ)の森の白狐が女に化けて安倍保名(あべのやすな)と契って安倍晴明を生んだという伝説を脚色したもの。四段目の「子別れ」が有名。【浄瑠璃 蘆屋道満大内鑑

平安中期の法師陰陽師。道摩ともいう。安倍晴明と術くらべする人物として登場することが多い。《古事談》《宇治拾遺物語》《十訓抄》に,道摩法師が藤原顕光の命で藤原道長に妖術をしかけるが,道長の犬と晴明に見破られ,本国播磨国に追放されたと伝える。《峯相記》《東斎随筆》に同じ説話が見え,道摩を道満に作る。《簠簋袖裡(ほきしゆうり)伝》(室町末ごろ写,竜門文庫蔵),《簠簋抄》(1629)に,道満は晴明と術くらべをして敗れ,晴明の弟子となる。(E)

蘆屋道満が実在したとする物証は一切なく、安倍晴明との呪術合戦も創作物語以外には見られない。江戸期に著された『播磨鑑』に播磨国岸村(きしむら)出身の民間陰陽師との記述があるが後世の作のため信憑性に欠ける。藤原顕光に仕えたとの伝承もあるが、藤原顕光は父の関白藤原兼通の威光で左大臣となった人物で、儀式の度に失態を繰り返し悪霊左府、無能の極みと蔑まれた。蘆屋道満とは安倍晴明を際立たせるために創作された架空の存在と見做されることが多い。

平安中期の陰陽家。藤原道長のころ、安倍晴明と法力を争ったと宇治拾遺物語にある。生没年未詳。(B)

平安中期の陰陽家(おんようけ)。安倍晴明と術くらべをしたと伝えられる人物。のち浄瑠璃などに脚色された。生没年未詳。(A)

 

出典 A(大辞林) B(大辞泉) C(広辞苑) D(ブリタニカ国際大百科事典) E(世界大百科事典) F(日本大百科全書) W(Wikipedia)