色々な護符の作り方や書き方を知ることが重要です

護符をお作りいたします。
Yahoo! JAPAN、Amazon認可のサイトからご用命下さい。
shop_logo

 

 

護符は、霊符や呪符、神符ともよばれ、日本では主に陰陽道や密教、修験道で使われてきました。書き方や作り方はそれぞれの宗派や人により多少の違いがあります。さまざまな方法を知り、ご自分に一番あったやり方を見つけ出すことで、護符の効果をより一層高めることができます。

作り方・書き方

使う道具

筆は、紅豆や漢璧、写巻、鹿狼毫人物など、穂先の短い上質な小筆を使います。

墨は、古墨を使い、護符によっては朱砂も使う。呑符の場合は紅花からとった紅を使う。どれも金泥をわずかに加えます。

墨をとく水は、通常は日の出前に汲んだ浄水でも大丈夫ですが、効果をより高めたい場合は神水(神にささげた水や、神社から湧き出る水で京都の晴明神社の晴明井の水など)、甘露水(榊に降りかかった雨水の滴)、元水(ヘチマの茎から出る水)などを用いると良いです。また、晴明水を自作します。

硯は、唐硯の端渓硯(たんけいけん) や歙州硯(きゅうじゅうけん)、和硯の雨畑硯(あまはたすずり)や赤間硯(あかますずり)などの小硯を使います。

護符を書写するための紙は、手すきの和紙が理想ですが、通常の半紙でも大丈夫です。符板を使う場合は桃か梅の木。